2008年09月30日

十月のうた@

十月のうたは
「わったー島人」です。

作詞:池宮城けい
作曲・編曲:上地正昭
うた:ホームソングシスターズ
    仲田かおり・知念こずえ・比嘉久美子

「ホームソング」初の全編ウチナーグチの歌詞に
手練の技で上地さんがオーソドックスで懐かしいメロを付けました。

homesong_sisters.jpg

仲田さん 知念さん 比嘉さん

「わったー島人」のために女性ユニットを結成しました。
ユニット名は超ベタですが「ホームソングシスターズ」です。
十月のうたもよろしくお願いします。

「CDそのC」の制作が順調に進行中です。





posted by ピンクゲッコー at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月02日

九月のうた@

九月のうたは「ソウルチャンプルー」

マンボのリズムに
シンプルなウチナーグチを乗せ
沖縄の自然の力や命の恵みに感謝します。

去年の「ユンタク ハンタク」の作曲から
今回は作詞でローリー・クックさんが参加。
作曲はディアマンテスのトム仲宗根さん。

トム仲宗根.JPG

うたは待ちかねていた方も多いと思います。
下地勇さんです。

下地勇.JPG

ラテンのリズムで楽しい楽曲が仕上がりました。

トムと打楽器陣.JPG

フォーン陣.JPG

参加ミュージシャン クレジット

トム 仲宗根(EB,Clap)
SONRISA(Pf,Clap)
玉城 チコ(Conga,Bongo,Clap)
桜(Timbales,Drs,Guiro,C.Bell,Clap)
上 幸一郎(T.sax B.Sax)
こはもと 正(A.Sax)
川上 肇(Tp)
真栄里 栄樹(Tb)




posted by ピンクゲッコー at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月14日

八月のうたB

八月のうた「美らちゅらら」は届きましたか?

参加ミュージシャンのコメントを紹介します。

ボーカルを担当したキャサリン賀寿丸さんです。

「キャサリン賀寿丸って小学生??…というくらい
 少年に戻った気分で唄えましたよ♪
 『美らちゅらら』を唄ってみて、純粋な気持ちを思い出しました。
 子供の頃、目で見えるずっと先のほうにある島の
 もっと向こう側に泳いでいけるかな?
 泳いでいけるはず!って思っていましたから。(笑)
 『きらきらら』な笑顔で『美らちゅらら』を
 一緒に歌ってくださいね♪」と寄せてくれました。

キャサリン.JPG

キャサリン賀寿丸さんは
「琉球チムドン楽団」のボーカリストです。
腕白で好奇心がいっぱいの子供のような声で
表現してくれました。

九月のうたのレコーディングが無事終了しました。
来月はラテンです。



posted by ピンクゲッコー at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月11日

八月のうたA

今月はオリンピック放送のため「ホームソング」の
休止や移動があります。ご了承ください。

スタジオ全景.JPG

「美らちゅらら」の参加アーティストのコメントが届きました。
ご紹介します。

作詞を担当したのは沖縄市を中心に活動する女性ユニット
「リーバス」のお二人です。http://lievas.com/

愛香さんは
「曲先行で歌詞を書いたことは初めてで私たちにとって挑戦でした。 
 綺麗な海、輝く笑顔、沖縄の宝。
 それをキーワードにその思いを簡単な言葉だけど
 素直に子供目線でかいてみました。
 ぜひ子供から大人まで、ちゅらちゅらら♪と楽しく歌ってください」
と寄せてくれました。

里香さんは
「最初曲を聴いた時に、すぐ青い空と青い海が浮かびました!
 そのイメージのまま子供達にも分かりやすい歌詞にしました☆
 覚えやすく、また歌の背景も描きやすく
 口ずさみやすい曲になっていると思います♪」
と寄せてくれました。

曲先行で作業を進めた八月のうた。
作曲を担当したのはK2Y(かつや)さんです。
ペンネームでもご存知の方も多いと思いますが
実は「耳切り坊主」のボーカルの勝也さんです。

赤嶺A.JPG

勝也さんは
「おきなわのホームソングといえばやはり「親子で口ずさめる歌」
 難しく考えず、童心に返って作曲に取り組みました。
 真っ直ぐな歌詞、力強い演奏にかわいらしい歌と
 コーラスが加わって予想以上の素晴らしい曲に仕上がりました。
 八月のうたなので夏休みの間、親子で歌いながら踊ってもらえたら
 嬉しいですね」
と寄せてくれました。

制作者の想いが皆さんに伝わるとイイですね。

来月の楽曲制作のスケジュールが遅れ気味で
心配だったのですが今日レコーディングが行われています。
これまでのホームソングになかったテイストに仕上がりそうです。
お楽しみに!





posted by ピンクゲッコー at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月04日

八月のうた@

八月のうたは「美らちゅらら」。

普段、見過ごしてしまう回りの風景があります。
そーと耳を澄ますと聞こえてくる音があります。
それは僕たちの大事な宝物。
「美らちゅらら」の言葉にのせ、
僕たちの宝物をうたにしました。

制作は初登場のアーティストの皆さんです。

作詞:愛香・里香
作曲:K2Y
編曲:K2Y・浜里稔
うた:キャサリン賀寿丸
コーラス:浜里星来・浜里怜華・浜里季楽

アニメーターも初参加。

虹かかる.jpg

制作は「5UPGRAPHIX+1」です。








posted by ピンクゲッコー at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月28日

七月のうたD

「あぱぴあぽんのうた」
ボーカルは<かでかるさとし>さんです。

聡@.JPG

コメントを寄せてくれました。

「しかし<あぱぴあぽん>ってインパクトありますよね〜。
 最初聞いたときは、なんか、おまじないの言葉かなと
 思いました。だけど隠蔽擬態が得意な虫ななふしと聞いて
 おまじないかなと思ったのもそう的外れではないな〜と
 思いましたね。まさにチチンプイプイ、ななふしななふし、
 七不思議!ですね。反応が楽しみです。特にワラビンチャ〜のね」
 

posted by ピンクゲッコー at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月24日

七月のうたC

祠の前のアパ.jpg

「あぱぴあぽんのうた」の制作者のコメントを紹介します。

作詞の山根頼子さんは
「<あぱぴあぽん>という石垣島白保の方言に出会ったことが
 そもそもの始まりです。何のことかと思ったらへんな生き物
 ナナフシのことでした。<あぱぴあぽ〜ん>と言うだけで
 みんな笑顔になります。不思議な言葉と個性的な虫ナナフシの
 キャラクターを借りて想像をふくらませてみました」
と寄せてくれました。

作曲のマストさんは
「<あぱぴあぽん>が子供と一緒に行進しているイメージで
 作曲しました。<わっはっはー>は最初、歌詞には
 入っていなかったけど曲のイメージでどうしても入れたかった。
 採用されて嬉しいです。
 <ヤンバルテナガコガネ>で歌。 <あぱぴあぽん>で作曲。
 ということは次は作詞ですね。 もちろん<虫>で!」
と寄せてくれました。

サブキャラ.jpg


posted by ピンクゲッコー at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月08日

七月のうたB

「あぱぴあぽんのうた」のダンスは
子供エイサー「鼓衆かみむい」の
皆さんが踊ってくれました。

ダンス1.jpg

歌詞で歌われる「ウタキ(御嶽)の森」を想わせる
緑の木々に囲まれ元気に踊ってくれました。
「鼓衆かみむい」は去年六月に放送された
「へんなのマムヤ」に続き二回目の参加です。

ダンス3.jpg



posted by ピンクゲッコー at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月01日

七月のうたA

「あぱぴあぽんのうた」のアニメ制作は
読谷の比嘉ブラザーズです。
「ガジマルオジー」に続き二度目の参加です。

アパアップ.jpg

昆虫の「ナナフシ」を歌詞のイメージどおり
キュートなキャラクターに仕上げてくれました。

キャラ全員.jpg

ウタキ(拝所)の森で繰り広げられる虫たちの短い物語。
人形アニメならではの質感と動きが妙な懐かしさを憶えます。

放送内容です。
月)午後3時24分 ダンス版
水)午後3時54分 アニメ版
木)午後3時54分 アニメ版
金)午後7時54分 アニメ版
土)午後3時56分 ダンス版
 ※放送内容が変更になる場合があります。
  ご了承ください。















posted by ピンクゲッコー at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月21日

七月のうた

七月のうたは
「あぱぴあぽんのうた」です。
この言葉を初めて聞く方が多いと思います。
私も初耳でした。
実は石垣島の白保地区で
昆虫の「ななふし」のことを
「あぱぴあぽん」と呼ぶそうです。
知らない沖縄の言葉に出会うと
胸キュンでうれしくなります。


作詞:山根頼子
作曲:マスト
編曲:安田辰也
うた:かでかるさとし

作詞の山根さんは石垣島在住。
マストさんは
ノーズウォーターのボーカルで石垣出身。
安田さんは「マーヤークィヤー」の作曲。
そしておなじみの嘉手苅さんが
真っ直ぐなボーカルで仕上げてくれました。



posted by ピンクゲッコー at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月03日

六月のうた

六月は再放送。
それぞれの放送時間です。

二月のうた「ニーブイカーブイ」
※アニメ=2日15時24分  19日15時54分 28日15時56分
 ダンス=13日19時54分 25日15時54分
ニーブイ.jpg

三月のうた「マーヤークィヤー」
※アニメ=9日15時24分 26日15時54分 30日15時24分
 ダンス=4日15時54分 21日15:56分
マーヤー.jpg

四月のうた「ふくらしゃや」
※アニメ=11日15時54分 27日19時54分
 ダンス=5日15時54分  16日15時24分
ふくらしゃや.jpg

五月のうた「ね・ね・ね」
※アニメ=7日15時56分  18日15時54分
 ダンス=12日15時54分 23日15時24分
ねねねJPEGA.jpg

お楽しみください。

DVD発売は今月27日です。
ホームソンググッズの発売が
7月に予定されています



 



posted by ピンクゲッコー at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月28日

楽譜集

「おきなわのホームソング」の
楽譜集が発売中です。

楽譜集.JPG

番組がスタートした頃から
譜面の要望が多くありました。
お待たせしました!!
「走ぇ〜ごんごん」から「ね・ね・ね・」まで
12曲のピアノ伴奏譜と工工四が収められ
5月21日から全国発売されました。
ダンスの図解写真も付いています。

沖縄でもCDショップや書店などで
お買い求めできます。
出版はドレミ楽譜出版社です。
※取り扱っていない店舗もあると思います。
 ご了解ください。

RBCビジョンでも取り扱っています。

posted by ピンクゲッコー at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月21日

五月のうたB

制作者3名.jpg

作詞:上原直彦さん 編曲:上地等さん 作曲:ジョージ紫さん
「ね・ね・ね」を制作したメンバーです。

作詞の上原さんからコメントをいただきました。

「孫が五人。内孫の名前を上から綾音、美音、愛音といい、
 両親もよく音楽をする。いつか、爺の作詞、パパの作曲の
 歌をつくろう。曲名は「ね・ね・ね」と決めていたところへ
 今回の作詞の依頼だ。孫たちへのそれとは、ちょっと内容を
 異にしたが、筆を運ぶにはそう苦労はなかった。
 前回の「走ぇ〜ゴンゴン」で呼吸が合ったのかジョージ紫は
 間奏部に琉球旋法を取り入れて、ストリングスのバックを
 つけてくれた。あえて共通語の作詞をしてみた。
 世の母と子の唇に乗れば、望外の喜びだ。」

そうだったんですね、直彦さん。
好々爺ぶりが行間からにじみ出ています。
 
posted by ピンクゲッコー at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月09日

DVD@

「おきなわのホームソング」がDVD化されます。

◎Vol.@
 「走え〜ゴンゴン」「ユンタク ハンタク」
 「へんなのマムヤ」「ガジマルオジー」
okinawa_JK_vol1.jpg

◎Vol.A
 「ヤンバルテナガコガネの王様」「イチャサン」
 「大綱曳き」「かりゆしサンタ」
okinawa_JK_vol2.jpg

4曲収録の2枚が同時発売です。
テレビで放送された
アニメーション、ビデオクリップ、ダンスの
映像が収録されています。

6月27日(金)全国発売です。
全国の皆さん
沖縄地域限定のテレビ番組を
この機会に是非ご覧ください。





posted by ピンクゲッコー at 17:28| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月08日

五月のうたA

五月のうた「ね・ね・ね」を歌った
比屋定篤子さんからコメントを頂きました。
比屋定さんは「ガジマルオジー」では
コーラスで参加しました。

篤子2.JPG

「5月のホームソングは、子どもとお母さんのかけあいの歌に
 仕上がっていました。そのお母さんのパートを歌うことになり、
 ちょっと責任も感じながら録音に参加しました。
 実際、私も3人の子持ちですが、みんな男子?はワイワイにぎやか。
 しかし今回は、里 実咲ちゃんという女の子と一緒に歌えて、
 女の子を持つ母のような気持ちになれて楽しかったです。」

等と篤子と女の子.JPG
アレンジの上地等さんと打ち合わせ

「上原直彦さん作詞、ジョージ紫さん作曲と大先輩で大御所のお二人の
 作品で緊張もありましたが、とても覚えやすくて、何気ない日常の
 しあわせを感じられるこの歌を歌うことができて嬉しく思います。」

posted by ピンクゲッコー at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月22日

そのB

「おきなわのホームソング」のCDそのBが
5月21日に全国発売されます。

homesong_h1.jpg

二月のうた「ニーブイカーブイ」
三月のうた「マーヤークィヤー」
四月のうた「ふくらしゃや」
五月のうた「ね・ね・ね」

以上の四曲とカラオケが収録されています。
CDショップなどで見かけたら是非ご購入を!!

posted by ピンクゲッコー at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月21日

五月のうた@

五月のうたはベテランコンビの再登場です。
上原直彦さんとジョージ紫さん。
「おきなわのホームソング」の代表曲ともいえる
1曲目の「走え〜ゴンゴン」のお二人です。
「野山を元気に走れ!子供たち」のイメージから
一転して「子供の何故?に全て応えるお母さんの大きさ」を
表現してくれました。

タイトル:「ね・ね・ね」
作詞:上原直彦
作曲:ジョージ紫
編曲:上地等
うた:比屋定篤子と里実咲

篤子.JPG

等と歌い手.JPG

アニメーション制作は
二回目の登場「ビッグウィスキー」です。
ねねねJPEG@.jpg





posted by ピンクゲッコー at 11:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月16日

四月のうたE

作詞を担当して頂いた
新城和博さんのコメントを紹介します。

新城和博.JPG

「最初、説明されたのが<子供版座開き>だったので
 <鷲ぬとぅい>を思い浮かべた。旅立ちのイメージ。
 それと<かじゃで風>。<今日ぬ誇らしゃや・・・>
 という出だしの<ふくらしゃや>の響きをリフレインで
 活かせたらと思った。「誇らしい」という気持ちと
 <ふく=福>という響きが重なり合うイメージ。
 いつも歌詞を書くときはメロディーを貰って書くのですが
 今回は歌詞を先に書いたので少々戸惑った。
 びっくりしたのはクラシックの方が唄うことになったこと。
 出来上がりは想像していたものとは全く違うもので
 その迫力にびっくりした。大音響で聴いて欲しい。
 子供たちのフェーシとクラシックな歌声が重なり合って
 新しい歌になった気がします。」

ふくらしゃや踊り子.JPG

「ふくらしゃや」の踊り子の皆さんです。


 


posted by ピンクゲッコー at 13:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月15日

四月のうたD

うたを担当してくれました
知花賢招さんのコメントを紹介します。

知花.JPG

「<ふくらしゃや>」は沖縄でよく使われる言葉で
 豊かな気持ちにさせてくれる。
 頂いた歌詞の中にしみじみと魂に触れるものがあった。
 いまの子供たちは色んな音楽を聴いているが
 我々は童歌で育ちそれが心の中に入っている。
 これから我々がどういう歌を歌ってあげられるか。
 クラシックだけでなく童歌など子供の歌をしっかりと
 伝えないといけないと思う。」

HY5A0439.JPG

知花さんと玉栄さんと栄昇さんと
振り付けの新崎恵子先生と
レコーディングに参加してくれた
新崎練場の皆さんです。




 
 

posted by ピンクゲッコー at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月14日

四月のうたC

作曲と編曲の玉栄政昭さんの
コメントを紹介します。

玉栄.JPG

「<ふくらしゃや>という言葉から
 幸せ感を伝えたかった。
 新しい洋服を買ってもらった時
 運天免許に合格した時
 小学校に上がって新しい気持ちになる時
 そんな幸福感を表現したかった。
 屋慶名言葉の音楽的なアクセントを
 メロディーに使わせてもらった。
 だから作曲は屋慶名の方々なんです(笑)」

手拍子.JPG


玉栄さん ベースの西川勲さん ドラムの当間嗣篤さん
演奏の後、クラップで応援。




posted by ピンクゲッコー at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Copyright © RBC Ryukyu Broadcasting Corp. All rights reserved.

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。