2010年08月31日

9月のうた

9月の歌も「シチグワチ ウ〜ト〜トゥ」です。

放送時間です。
☆RBCテレビ
 月・火・水曜日は午後2時50分からです。
 土曜日は午後1時55分からです。
 日曜日は午後1時56分からです。
☆iラジオ
 月〜金曜日の午後2時5分からです。

9月からは「アニメ版」と「エイサー版」の
放送となります。
「ボンボボン」と軽やかにエイサーを踊ってくれるのは
経塚ゆいまーるの子供たち。
振り付けは安里春樹さんです。
お楽しみください。

CD発売の問い合わせが多くありますが
CD化は年明けを予定しています。
申し訳ありません。


posted by ピンクゲッコー at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月31日

8月のうた@

8月のうたです。

タイトルは「シチグワチ ウ〜ト〜トゥ」
作詞:池村真弓 補作詩:下地暁
作曲:下地暁  編曲:粂一成 下地暁
うた:パニパニJr. コーラス:愛×愛(カナカナ)下地暁

全員126.jpg
パニパニJrと下地暁さんと愛×愛の皆さん(宮古島のスタジオ)


旧暦の七月
沖縄では仏壇にご馳走を供え
線香を焚きご先祖様をお迎えします。
ウ〜ト〜トゥと手を合わせる
年に一度のご先祖さまとの触れ合い。
そんな風景をうたにしました。

アニメーションはチームなっちゃんです。

放送日です。
RBCテレビ
月〜水 午後2時50分
 土  午後1時55分
 日  午後1時56分
RBCiラジオ
月〜金 午後2時(ミュージックシャワー内)

お楽しみください。   



posted by ピンクゲッコー at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月30日

CD発売中

おきなわのホームソングの
「CDその6」が好評発売中です。

ジャケット加工homesong_h1_h4.jpg

「星のクリスマス」
「クガナーグヮー」
「うたがうまれる」
「はたらく手」の四曲が収録されています。

初参加のニューフェイス
お馴染みのアーティスト
そして
ベテランの大先輩方など
バラエティ富んだ一枚に仕上がりました。

県内のCDショップや
沖縄ファミリーナートなどで
販売しております。
みなさん
是非お手にとって聴いてください。

来月の曲が完成しました。
宮古島に住むアーティストが
中心になって制作しました。
タイトルは
「シチグワチ ウ〜ト〜トゥ」です。
そう
旧盆のうたなんです。
お楽しみに!!



posted by ピンクゲッコー at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月01日

7月のうた

今月のうたは
先月に引き続き「はたらく手」です。 

ところで
今月は沖縄県の「みんなでグッジョブ運動」の推進月間です。
今月のホームソングを聴きながら
みんなで「働く意義や意味」を考えてみるのも良いと思います。

放送時間です。
<RBCテレビ>
月〜水:午後2時50分
土曜日:午後1時55分
日曜日:午後1時56分

<RBCiラジオ>
月〜金
ミュージックシャワー 午後2時

お楽しみください。 


posted by ピンクゲッコー at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月31日

6月〜7月のうた@

来月のホームソングは「はたらく手」です。

サンサンと降りそそぐ太陽の光の下(もと)で
額に汗をして働く。
大きな手、こがねの手、なりたい手。
明日をつくるたくさんの「はたらく手」への
感謝の気持ちを「うた」にしました。

003.jpg

作詞はホームソングではお馴染みの
上原直彦さん。
作曲・編曲は
「月桃」「さとうきびの花」などを手がけた
海勢頭豊さん。ホームソング初登場です。
うたを担当するのは川畑アキラさん。
与論島出身ですが
現在は沖縄を拠点に音楽活動を行っています。
今回も異色の顔合わせが揃いました。

011.jpg

アニメーションは宮平優子さん。
これまで
「ヤンバルテナガコガネの王様」
「ふくらしゃや」を制作しました。
今回も大変ユニークな作品に仕上がっています。

放送時間です。
<RBCテレビ>
月〜水:午後2時50分
土曜日:午後1時55分
日曜日:午後1時56分

<RBCiラジオ>
月〜金
ミュージックシャワー 午後2時

お楽しみください。 
posted by ピンクゲッコー at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月30日

5月のうた

5月のホームソングは
皆様のリクエストにお応えして
3曲の再放送でお伝えしします。

@「星のクリスマス」'09年11月〜12月放送
A「クガナーグヮー」'10年1月〜2月放送
B「うたがうまれる」'10年3月〜4月放送

放送時間です。
月:午後2時50分
火:午後2時50分
水:午後2時50分
土:午後1時55分
日:午後1時56分

お楽しみください。
posted by ピンクゲッコー at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月31日

ホームソング復刻

1960年代にRBCラジオで
「ホームソング」という音楽番組がありました。
オリジナルの楽曲を制作し番組で放送し
レコード化までされました。
その中から多くの名曲が生まれました。
その音源がデジタルマスタリングされ
4月7日(水)全国発売されます。
CD2枚組。32曲収録。¥3.000です。
40年前の沖縄の
ウーマクー(やんちゃ)アーティストたちの作品が蘇りました。

ホームソング復刻盤.jpg

現在の「ホームソング」がリスペクトしインスパイヤーされ続ける
「RBCラジオホームソング」復刻盤を是非お楽しみください。



posted by ピンクゲッコー at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月30日

4月のうた

4月のうたも「うたがうまれる」です。

作詞:朝 比呂志
作曲:普久原恒勇
編曲:上地等・島袋優
うた:比嘉栄昇

普久原恒勇さんは沖縄を代表する作曲家。作品は民謡、沖縄歌謡、
組曲と制作の幅は広く作品数は400曲を優に越える。
その作品群は「普久原メロディー」と称されている。
朝比呂志はペンネーム。本名は普久原朝弘さん。恒勇さんの弟ですが
一昨年にお亡くなりになりました。
沖縄民謡など二人の共作は約40曲を数える。
なかでも「ゆうなの花」はエバーグリーンの名曲として
現在でも歌い継がれている。
1960年代にRBCラジオで「ホームソング」というタイトルの
音楽番組が放送されていた。
県内の作詞家、作曲家たちがオリジナルの楽曲を制作し放送、
レコード化を行っていた。
これまでの沖縄民謡に捉われない自由な楽曲作りを目指していたのだ。
比呂志さん、恒勇さんのホームソングでの共作は「ゆうなの花」
「島やからー」「うるま島」「ヘイ!二才達」などがある。
今回の「うたがうまれる」は、朝さんが生前に
「おきなわのホームソング」のために書き下ろした歌詞で、
沖縄歌謡的な楽曲では二人の共作は30年ぶりとなる。
BEGINのメンバー3人がホームソングへそろって参加するのは
1曲目の「走え〜ゴンゴン」以来。
リスペクトする「普久原メロディー」と影響を受けた朝さんの歌詞を
歌えることにメンバーは感謝の気持ちを隠しません。
現在、放送中の「おきなわのホームソング」は、
かつてのRBCラジオ「ホームソング」にインスパイヤーされて
誕生しました。また、制作にあたり多くのヒントも貰いました。
かつての「ホームソング」のゴールデンコンビが現在の
「ホームソング」へ大きなプレゼントを贈ってくれた気がします。
「うたがうまれる」は「かつて」と「現在」を結ぶ「うた」であり、
「未来」へ向かう「うた」でもあります。


4月からの放送時間です。
月曜〜水曜 午後2時50分
土曜    午後0時54分
日曜    午後1時56分
 
posted by ピンクゲッコー at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月26日

3月のうた

3月のうたは「うたがうまれる」です。

楽譜.JPG

作詞:朝 比呂志
作曲:普久原恒勇
編曲:上地等・島袋優
うた:比嘉栄昇
TV:レコーディング映像

皆さんお馴染みの「ゆうなのはな」を
作詞、作曲した朝さん、普久原さん久しぶりの
共作になります。

編曲・演奏・うたはBEGINのメンバーです。

栄昇.JPG

3人そろっての参加は「走え〜ゴンゴン」以来です。

優等.JPG

お楽しみにしてください。


posted by ピンクゲッコー at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月15日

2月のうたA

「くがなーぐゎー」の歌唱は古謝美佐子さんです。
「ニーブイカーブイ」以来の二度目の登場です。
独特な節回しで歌い上げていただきました。

古謝さん@.JPG

古謝さんのコメントを紹介します
「古謝美佐子です。
 ホームソングに関わらせてもらうのは二度目ですね。
 一度目は二年前(もう二年経つんですね?)の
 「ニーブイカーブイ」で、作曲した佐原と一緒に、
 面識のあった中尾彬さんに直々に内地で
 お会いして「沖縄の子供向けの唄ですけど、、、」って
 歌のお願いを無理に聞いてもらって、、、、ついでに私も
 「おばぁ」役で(笑)、一節歌いました。
 今回はメインで歌う、
 という事で大丈夫かな?と思いましたが、、、。
 というのも、私は民謡以外の、特に今回のような標準語の唄は 
 とても苦手で、加えて新しい曲は身体に馴染むまでに
 とても時間がかかるので、、、、、。
 でも、佐原がこの曲なら大丈夫だと判断したんでしょう。
 デモを聞いてみて下地勇氏の曲が覚えやすく、
 私にしては覚えるのにそんなに時間がかかりませんでした。
 私も孫が6人にも増えたし、沖縄の子供達の為に、
 そして子育てに頑張っているお母さんやお父さんたちの
 ためにも、、、少しでも役に立てば嬉しいさぁねぇ(笑)、、。」

編曲は佐原一哉さんです。
佐原さんは美佐子さんの夫プロデューサーでもあります。

談笑A.JPG
 ※右側の方が佐原さんです。

これまでホームソングには数曲協力いただきました。
コメントを紹介します。

「佐原です。今回、編曲でお世話になりました。
 下地氏の原曲がほとんど完成されたものだったので、
 編曲と言っても大した事はしていません(笑)。
 今回も、よなは徹氏が三線や笛で大活躍してくれています。
 古謝美佐子はイントロとか間奏は
 「必殺仕事人のエンディングテーマみたい」と笑っていました。
 ビートルズっぽいところもありますが、
 全体的には「大人も聞ける童謡」という感じですね。
 詞や曲がとても覚えやすく、
 標準語の唄にしては雰囲気が古謝美佐子に
 ばっちり合っていますね。
 映像もファンタジックで綺麗ですが、
 音の制作現場ではちょっとモメました(笑)。
 音楽的な事ではなく、曲間に入っている「カラス」とかの
 SEを入れるかどうか?ということでした。
 この曲は子供向けの要素が少ないので、
 私の判断で無理に入れてもらいましたが、
 皆さんのご意見はいかがでしょうか。
 個人的には「キジムナー」の声??が気にいっています。
 美佐子のオリジナル曲にも「黄金ん子」がありますが、
 「クガナーグヮー」も同じような意味ですね。
 子供は神様であり、そしてまた永遠の宝です。」

全員A.JPG

テイチクの前田ディレクター
サンシン、笛を担当した与那覇さん
レコーディングエンジニアの東江さん
少数精鋭のスタッフでの録音でした。
皆さんありがとうございました。



posted by ピンクゲッコー at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月29日

二月のうた

放送中の「クガナーグヮー」が2月も継続されます。

001.jpg

放送時間です。
☆RBCテレビ
(月)午後7時55分
(火・水)午後2時50分
(金)午後2時55分
(土)午後1時55分
☆RBCiラジオ
(月〜金)午後2時
※放送時間が変更になる場合があります。
 ご了承ください。

作詞の池宮城けいさんは児童文学者です。
いくつかの作品が県内の文学賞を受賞しています。

池宮城さんのコメントを紹介します。

「孫の運動会に行ったとき
 ホームソングの<走ーえーゴンゴン>で
 準備体操をしているのを見て
 自分の作った歌で孫たちが踊ったら
 どんなにいいだろうという夢が二年前叶いました。
 地域の夏祭りで子どもたちが
 作詞で参加したホームソングの<わったー島人>で
 エイサーを踊ってくれました。
 もちろん孫も一緒にです。
 今回も、詞が出来上がったとき息子は
 『古謝美佐子さんが歌ってくれるといいね』と言い
 『夢のような話だね』と私は返しました。
 その夢が叶いました。
 本当にユメ?のようです。
 古謝美佐子さんの歌声は暖かく優しいですね。
 絵本の読み聞かせのように
 お父さんお母さん、おじいちゃんおばあちゃんが一緒に歌い
 いつまでも歌い継がれるといいなーなんてまたまた夢を見ています」

池宮城さんの☆DREAMS COME TRUE☆でした

少年A.jpg


posted by ピンクゲッコー at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月01日

迎春

新年あけましておめでとうございます。
これまで同様「おきなわのホームソング」への
ご指導、ご理解、ご協力を今年もよろしくお願いします。
「ホームソング」は迎える4月で4年目に入ります。
「虎穴に入らずんば虎児を得ず」
これまで以上に、沖縄の新しい才能との出会いを求め
様々なコラボレーションにチャレンジしていく所存です。

今月のうたは「クガナーグヮー」です。
「クガナーグヮー」とは「黄金(こがね)の子」という意味で
健やかな子供の成長を見守る温かい大人のまなざしを歌にしました。

作詞は池宮城けいさん。
「わったー島人」の作詞を担当されました。
方言を織り交ぜたシンプルな歌詞からは
懐かしさや子供への深い愛情が感じられます。
作曲は下地勇さん。
最近、絶好調ですね。表現の幅は止まることがありません。
そして歌は島唄のベテラン、古謝美佐子さん。
やっと願いが叶いました。
編曲は古謝さんのご主人でありプロデューサーでもある
佐原一哉さんです。

アニメーションは進化し続ける「チームなっちゃん」

夕陽を眺める.jpg

祖父と語る.jpg

これまでに無い新しい境地です。
楽曲のイメージを独自の解釈で表現された
不思議な世界観です。

夢の中へ.jpg

初回放送は明日、1月2日(土)午後2時55分です。
posted by ピンクゲッコー at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月22日

11月・12月のうたD

お遊戯会.jpg

素晴らしいアニメーションを制作してくれたのは
人形アニメで有名な比嘉ブラザーズと
イラストレーターの仲宗根浩さんのコラボです。

おじさん.jpg

比嘉ブラザーズはホームソングの「ガジマルオジー」と
「あぱぴあぽんのうた」でその実力を見せつけてくれました。
今回は仲宗根さんの独特のキャラクターのテイストと
比嘉ブラザーズの演出がうまく絡み合い全国レベルの作品に
仕上げてもらいました。
進化する「おきなわのホームソング」を象徴する作品だと思います。

比嘉ブラザーズのコメントを紹介します。

「今回の曲は、人形によるアニメーションではなく、
 暖かみのある絵の方が上手く行くような気がしていました。 
それで、キジムナーのイラストで有名な仲宗根浩さんと
 共作することになりました。
データ間でやり取りしながら4人分業体制で進めていき、 
 仲宗根氏がデザインしたPC上のデジタル切り絵を1コマずつ
 マウスで操りながらアニメートしていくのは初の試みで大変でした。
更にバック・グラウンド・プレートに個々のキャラクターを合成し、 タイミング調整。
何度か皆で再検討したりもしました。
各シーンが完成してからの編集は、毎日明け方までの突貫作業。
 色々と大変でしたが、甥っ子達が楽しそうに観てくれてるので、
 嬉しいですね。」

ひとりぼっち.jpg

間奏.jpg

仲宗根浩さんのコメントを紹介します。

「『星のクリスマス』でアニメーションデザインを  
 担当させていただいた仲宗根です。
今回のデザインで気をつけたことは南国沖縄の風景を残しながら
 クリスマスの暖かい絵本のような歌のイメージを表現する事でした。
南の島のクリスマスという事で、海をモチーフにデザインを
 メルヘン調にアレンジしました。
 瓦屋根の家のフォルムを丸っこくしたり、
 海の生き物の形をした遊具をデザインしたり、
 冬の枯れ木のイメージを出すために珊瑚を木に見立てたり、
 (雪の変わりに珊瑚の卵をフワフワと漂わせてみたら・・・
 というアイデアもありました。笑)
歌を聴きながら仕事をしていると次第に頭の中で子供達が
 ワイワイガヤガヤにぎやかに動き始めて楽しかったです。
充実した時間を過ごす事が出来ました。
 ありがとうございます。」

拍手.jpg

比嘉ブラザーズさん
仲宗根さん
ありがとうございました。

シチュー.jpg

比嘉ブラザーズのHPです。
http://www2.odn.ne.jp/oni-shogun/higa-
仲宗根浩さんのHPです。
http://chara100.seesaa.net/
ぜひお尋ねください。

来年の1月・2月のうたが完成しました。
タイトルは「くがなーぐゎー」。
歌はあの古謝美佐子さんです。
お楽しみに!



posted by ピンクゲッコー at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月20日

11月・12月のうたC

「星のクリスマス」の作曲を担当して頂いた
森田沢子さんのコメントをご紹介します。
森田さんはピアノ教室を主宰するかたわらで
作詞、作曲、演奏、ボーカルをこなし
コンサートも開催するマルチな女性です。

「<おきなわのホームソング>の作曲をプロデューサーから
 声をかけて頂き、今回作らせてもらいました。
 トーマ・ヒロコさんの歌詞は可愛らしくて
 誰にでも経験のあるような詩だと思いました。
 作曲をする時に考えたのはリズムです。
 クリスマスソングという事で、はずむような、
 スキップができるようなリズムにしたいと思ったのです。
 なつかしい<オキナワンロック>風のものも考えたのですが
 色々作ってみて、出来上がったのが
 今流れている<星のクリスマス>です。
 切ないメロディーで、軽くスキップできるような
 <タッカタッカ>というリズム。歌詞にあっている気がします。
 『ちょっと イヤな事があっても スキップ』
 ピアノ教室の、明るい立ち直りの早い子供たちの
 笑顔が浮かびました。
 大城クラウディアさんの澄み切った声も思っていた通りで
 さわやかな仕上がりになりました。
 沖縄のクリスマスソングの定番になってくれたら
 良いなと思っています。」

森田さん、ありがとうございました。

森田さんのブログです。
http://ameblo.jp/moriaca/

訪ねてみてください。
 





posted by ピンクゲッコー at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月18日

11月・12月のうたB

更新が大変遅れてしまいました。
すいませんでした。
「星のクリスマス」制作に参加した
アーティストの皆さんのコメントを
ご紹介します。
最初は作詞を担当したトーマ・ヒロコさんです。
トーマさんは詩人です。
楽曲への提供は今回が初めてでした。

「プロデューサーの大盛さんから<季節感>と
 子どもの目線」を大切にしたいというお話を伺い、
 私としては秋冬に流れるなら、ほっこりした歌にしたい、
 という思いでどんな歌詞にしようか考えました。
 そこで思い出したのが、幼稚園の頃のクリスマス。
 降誕劇で天使の役になりたかったのになれなくて、
 結局は星の役、しかも大きな星ではなく、
 その他大勢の小さい星の役になりました。
 あの頃のしょぼくれた私がどうやって元気になったかは
 覚えていませんが、大人になった今の私から
 <ひとりひとりに役割があって、一見ひとりで輝いているように
 見えても、まわりの支えがあるから輝けるんだ>という
 メッセージを込めました。
 ずっと念願だった<おきなわのホームソング>の歌詞を
 担当させていただき、みなさんの才能が響き合い、
 予想以上の素敵な歌に仕上がりました。
 アニメーションでは主人公の女の子が転んで、
 帽子が転がっていくところが切なくて印象的です。
 オンエアが始まり、
 意外に男の子からの評判がいいようで嬉しいです。
 放送2日目にして、イントロが流れるやいなや
 <この歌、歌詞がいいんだよな>と小学5年の男の子が
 言っていたそうです。」

トーマさん、ありがとうございました。

トーマさんのブログです。
http://tokyogirlfr.ti-da.net/

ぜひ訪ねてみてください。
posted by ピンクゲッコー at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月30日

11月・12月のうたA

11月の放送時間です。

<テレビ>
月:午後7時55分〜
火・水・木:午後1時55分〜
土:午後1時55分
※特別編成のためは19日、26日休止で
 20日、27日の午後2時55分放送します。
 

<iラジオ>
月〜金:午後2時
(ミュージックシャワー内)

ぜひご覧ください。

posted by ピンクゲッコー at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月23日

11月・12月のうた

「11月・12月のうた」が仕上がりました。
ホームソング初登場のメンバーです。

タイトルは「星のクリスマス」
作詞は詩人のトーマ・ヒロコさん
作曲はピアノ教室主宰の森田沢子さん
うたはアルゼンチン出身の大城クラウディアさん
3名の女性トリオによる作品の編曲は
あの「ステイウイズミー」を作曲した新川雅啓さん

沖縄色はあまりありませんが
多くの女性が持つ
少女のころの胸キュン思い出をうたにしました。

全景.jpg

3名の少女.jpg

星空と子供たち.jpg

アニメは
イラストレーターの仲宗根浩さんと
比嘉ブラザーズのコラボです。

11月2日(月)からの放送となります。
これまでにない作品です。
お楽しみにしてください。
posted by ピンクゲッコー at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月02日

10月のうた

10月のホームソングは再放送です。
「CDそのD」が今月の7日(水)に
全国発売されるのと合わせ4曲を放送します。

CDそのDジャケット.jpg

それぞれの曲の放送日時です。

■08"年12月放送
「クムイヌマァー」
 1日・8日・13日・24日:午後1時55分
 26日:午後7時55分
■09"年4月・5月放送
「ちばりよ!シーサーえかきうた」
 3日・7日・21日・28日:午後1時55分 
 12日:午後7時55分
■6月・7月放送
「かしらーげんげん」
(ダンス篇)
 10日・14日・31日:午後1時55分
 19日:午後7時55分
(アニメ篇)
 22日・27日:午後1時55分 
 5日:午後7時55分 17日:午後6時50分 
■8月・9月放送
「お盆の夜は」
 6日・15日・20日・29日:午後1時55分

ダンス篇は「かしらげんげん」のみです。

お楽しみください。

11月・12月の楽曲の制作が大詰めに入っています。
posted by ピンクゲッコー at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月14日

CDそのD

今年、初のシリーズCD発売のお知らせです。
去年の「そのC」から1年近くが経ちました。

CDそのDジャケット.jpg

去年12月放送の「クムイヌマァー」は
アニメのキャラクターや歌の内容などで
様々なご意見をいただきました。
ありがとうございました。

年が明けて今年、1月から3月までの
三ヶ月間はこれまでの楽曲の再放送でした。
時々、振り返るのも良いかなと感じました。

4月からは放送を二か月間に延長。
初のお絵かきうたは
「ちばりよ!シーサーえかきうた」。

6月・7月は
石垣島の豊年祭をモチーフにした
「かしらーげんげん」。
クレイアニメが秀逸でした。

8月・9月は沖縄の旧盆の季節に合わせ
「お盆の夜は」を放送。
子供たちの合唱の声は
線香の香る家庭に届いてくれたでしょうか?

以上、四曲が収められた「CDそのD」が
10月7日(水)に全国発売です。
カラオケとダンス図解(1曲)がついています。
ぜひCDショップなどでお手に取り
ぜひぜひ、ご購入をお願いします。

11月・12月のうたは現在、制作中です。
歌詞、作曲、歌、すべて女性でホームソング初登場の方々です。
お楽しみに!





posted by ピンクゲッコー at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月01日

8・9月のうたA

今日は「ウンケー」。
それぞれの家庭では親戚が集い仏壇にご馳走を供え
線香を手向ける夜を迎えることでしょう。
年に一度、ご先祖様に想いを馳せる三日間です。

今月のうたも「お盆の夜は」です。
作詞を担当していただいた上原直彦さんのコメントを紹介します。

naohiko.jpg

「改めて〔陰暦〕と断るまでもないが
 伝統的年中行事はすべて陰暦でなされてきた。
 それは国内各地同様だろうが
 明治政府樹立に伴って陽暦を採用。
 陰暦の日付が、そのまま陽暦に当てはめられてきた。
 亜熱帯の沖縄では漁業、農業は陰暦のサイクルが適合していて
 いまもって陰暦は実質的に生きている。
 その代表的行事が<お盆>。
 先祖崇拝を信仰する精神文化は脈々と受け継がれ今日に至り
 国内外を問わず県出身者は、祖先供養「お盆」を目的に帰省して
 〔血の繋がり〕を歓び合う。
 これは沖縄人の美徳と考えるがどうか。
 拙作「お盆の夜は」は
 敬虔な祈りの中での歓談の雰囲気を主題にして書いてみた。
 あえて賑やかな念仏踊り・エイサーには脇役になってもらい
 一門の老若男女相集い〔血縁〕であることを誇りにする雰囲気を
 感じ取ってもらえたらと思うしだい。
 そして、唇に乗せていただけるならば、望外の歓びである。
 お盆が過ぎて、エイサーの歌三線や鳴物が遠退くころ
 沖縄の夜も一瞬、どこからか涼しい風が吹いてくるようになる」
 


「旧盆」を迎える9月。
「お盆の夜は」をお楽しみください。
posted by ピンクゲッコー at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Copyright © RBC Ryukyu Broadcasting Corp. All rights reserved.

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。